犬の年齢に合わせてドッグフードを変えていこう

 

愛犬に毎日与えるドッグフードはきちんと選んでいますか。
愛犬も人間と同じようにどんどん年を取っていきます。
そのためドッグフードは愛犬の年齢に合わせたものを選んで与える必要があります。

 

犬にも好みがあり嫌いな臭いや味がするドッグフードはなかなか食べてくれません。
また犬の性格によっても神経質な犬だとドッグフードが変わると途端に食いつきが悪くなる犬もいます。

 

犬を育てるのにはとてもお金がかかります。
犬が年を取ればとるほど、けがや病気などで病院にかかることも出てくるようになります。
そのためドッグフードにお金をかけられないという人もいるかもしれませんが、毎日食べるドッグフードだからこそいいものを与えることが、強い体を作る要素となり、結果けがが病気にかかりにくくなり病院代を安く抑えられるという考え方もあります。

 

ドッグフードの高級品といえばモグワンドッグフードがありますが、ワンちゃんの健康にはばっちりなんですって!

 

保存料や添加物などが入っていないので身体を思うならいいドッグフードかも!

 

モグワンドッグフードの口コミはこちらに詳しく書かれていましたので参考にしてみてくださいね。

 

犬も人間も食べたもの、飲んだもので体が作られます。
そのため愛犬にはきちんと栄養のあるドッグフードを与えたいものです。
犬は年を取ってくると、歯が弱くなって、食べ物を噛む力も弱くなりますし、消化器官系の機能も落ちてきます。
そのため、少し柔らかめの消化しやすいドッグフードへと変えていく必要があります。
また犬も年を取ると若い犬のようにたくさんの量を食べることができなくなってくる犬もいるため、より栄養価の高いドッグフードが望ましいでしょう。

 

犬が赤ちゃんの時、成犬の時、老犬になってからでは必要な栄養素が異なります。
そのため犬の成長に合わせてドッグフードを変えていきますが、いつを境に変えないといけないということはありません。
毎日の様子をチェックして、そろそろドッグフードを変えた方がいいかなと感じたら、変えてみるとよいでしょう。

 

 

その場合、いきなり別のドッグフードに変えると、食いつきが悪くなったりまったく食べなくなったりすることがあります。
徐々に新しいドッグフードにシフトしていくのが望ましく、最初は普段食べているドッグフードに少し新しいものを混ぜ、犬の好みや食べ方をチェックしましょう。

 

 

犬が新しいドッグフードも食べているようであれば、半分ずつにし、最後は完全に新しいドッグフードへ移行というようにしていきます。
最初から新しいドッグフードの方を好んで食べているようだったら、すぐに移行してもかまいません。

トップへ戻る