家族に迎えた日から、日々お別れの時を意識している

雑種の小型犬を飼い始めて約6年が過ぎました。ペットの寿命は人間に比べるととても短いです。ですので、必ずペットとお別れをする時が来ます。そのことを考えると、安易に家族に迎えることの責任、そして最後を迎えた時に自分が精神的にどうなってしまうか簡単に想像出来た為、時間をかけてどうしようか悩みペットを飼うことを躊躇していました。考えに考え家族に迎えたのですが、共に生活することによってペットから貰える癒しの時間、動物の命に対する考え方、殺処分についてなど自分にとっていろいろ考えさせられたり体験することがあり、自分の生活の中でペットがかけがえのないものになっています。

 

犬と一緒の生活は簡単な事ではありません。言葉は通じませんし、人間の望むこととペットの望むことが違う、、、ということは当たり前です。例えば、トイレのしつけ。トイレの場所を決めて周りを汚さないようにしつけようとしても、犬にとっては最初は何が何だかわかりませんよね。トイレに失敗して怒ったら、逆にトイレをすることがダメなんだと犬が思い込み、トイレを我慢して体調が悪くなる、、、という話も聞いたことがあります。うちの場合、幸いなことに早くにトイレシートでおしっこをすることを覚えたので、トイレのしつけが辛かった、、、ということはないのですが、それでも失敗することは何度もありました。それでも冷静に慌てず静かに粗相をしたところを掃除するように心がけました。そうやって少しずつお互いの事が分かってきて、信頼関係を確立していったように思います。

 

犬と生活していくと段々主人とペット、というのではなくもはや家族です。一緒に遊んだり、寝たり、出かけたり、自分の子供のように犬が喜ぶだろうなと思うことは出来る範囲でやってあげたいと思うし、犬がはしゃいでいる姿を見るだけで幸せに感じます。犬が最期に幸せだったなと感じてもらえるように、日々の生活を大切に過ごしていけるよう心がけています。

 

と同時に、犬や猫の殺処分のニュースにも目を向けるようになりました。自分の犬と同じ命の犬猫たちが捨てられたり虐待を受けたり、過剰な繁殖に利用されたりで見ていて辛いです。自分の家の犬だけでなく、辛い状況に置かれている犬猫たちにもどうやったら少しでも幸せな生活を送ることが出来るのか、自分に出来ることはどういうことか、何かしら行動をしたいと思うようになりました。

 

これからいろいろ情報を集めて、出来る範囲で協力出来るように行動したいと思っています。

トップへ戻る